SAMPLE CLUB

ようこそ、競馬アタックへ!!

 

少し前にこんなニュースがありました

(朝日新聞の記事引用)

英国人が社長を務める東京都内のデータ分析会社が、競馬で得た配当金を申告せず、東京国税局から約160億円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。
重加算税を含めた追徴税額は60億円超とされる。
国税局が法人税法違反(脱税)容疑で同社を強制調査(査察)した後、社長が海外に出国したため、告発を見送り、任意調査による課税処分とした模様だ。
また、同社の資産のうち配当金など二十数億円は差し押さえたが、
大半は国外に移されており、
残りの追徴税額三十数億円を徴収するのは困難な見通し。
現在の国税当局の権限では、刑事告発前の出国や海外への資金移動について完全には防ぎきれないという問題点が浮き彫りになった。
所得隠しを指摘されたのは、
香港に親会社があるデータ分析会社「UPRO(ユープロ)」(渋谷区)。
同社側は、「(ユープロ)社長とは別の、香港在住の英国人男性が実質的に経営していた。
競馬の配当金はこの経営者のものだが、既に死亡している」などと主張しているという。
同社は課税処分に異議を申し立てている模様だ。
同社関係者らによると、同社は、株式市場の分析などを事業目的とするが、主な収入は競馬で得た配当金だった。
独自のコンピュータープログラムで結果を予想し、億単位の資金で馬券を購入、巨額の利益をあげていたという。
同社がこれを申告していなかったことを把握した国税局は08年、法人税法違反容疑で同社に査察を実施した。
この際、英国人の社長のパスポートを押収したが、その後、社長は在日英大使館に「紛失した」としてパスポートを再発行してもらい、出国したという。
また、配当金など資産の大半は既に、分散した現金の形で親会社がある香港などに持ち出されていたことが判明。
国税局は、将来の徴税を確実にするための「保全差し押さえ」の手続きをとったが、資産の差し押さえ額は二十数億円にとどまった。
ユープロ社長が英国籍のため、日本と英国が結んだ租税条約に基づき、情報交換は可能だが、海外での身柄の拘束や資産の差し押さえはできない。
国税局では、刑事告発するための証拠が十分に集まっていない段階だったため、やむを得ず任意調査に切り替え、
同社に対し、07年までの3年間に約160億円の所得隠しを指摘したという。(舟橋宏太、中村信義)

(引用終わり)

すごいですね
160億円というのはかなりの快挙といったらおかしいですがすごい数字です。


彼らの予想方法は徹底しており、
プログラムを利用し回収率が100%を超えるように週末のレースをピックアップ。

かなり高い確率で3着以内に入らない馬を複数チョイスし、
予想から外し残った馬をマルチ買い。

実は彼らは一昔前に「データベース」「数理的手法」を用いて香港競馬で荒稼ぎた集団、ノウハウも相当蓄積されていたようです。

また情報によると買い子を使い集団で馬券を購入してたようで、
WINSに通う人の間では有名な話だったとか。

 

彼らのような組織で動き、独自のソフトウェアと数理的手法を使う場合はともかく
普段の生活の中で馬券を使った投資をしようとするとなかなか難しくなります。
そこで我々のような予想サイトがあります。


例えば欲しいゲームやCD、DVDがあるとして、それを買うためのお金を週末競馬で稼ぐ。
週末土日の二日間。
週末で数回馬券を買い、得た資金で欲しいものを買う。


少しの時間から出来る競馬でお小遣い稼ぎ
はじめませんか?


↑ PAGE TOP